桜色舞うころ

番号:0002941
桜色舞うころ

楽譜ダウンロード 桜色舞うころ

桜色舞うころ楽譜概要

}

桜色舞うころ」(さくらいろまうころ)は、中島美嘉の14作目のシングルです。2005年第1弾シングルです。「接吻」以来のノンタイアップシングルです。

初の桜をテーマとしたシングルです。「四季折々の情景」と「移ろいゆく恋人達の心象風景」を描写したバラードです。曲のメロディーはとても美しいです。でも、悲しい雰囲気も感じられます。

中島美嘉は、日本の歌手、女優です。そして、日本のポップス界を代表する大物アーティストです。

歌詞の下に無料桜色舞うころ楽譜があります。興味があれば、どうぞご利用ください。


桜色舞うころ歌詞:

作詞、作曲:川江美奈子 編曲:武部聡志 唄:中島美嘉


桜色舞うころ
私はひとり
押さえきれぬ胸に
立ち尽くしてた

若葉色 萌ゆれば
想いあふれて
すべてを見失い
あなたへ流れた

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっとおしえながら

枯葉色 染めてく
あなたのとなり
移ろいゆく日々が
愛へと変わるの

どうか木々たちだけは
この想いを守って
もう一度だけふたりの上で
そっと葉を揺らして

やがて季節(とき)はふたりを
どこへ運んでゆくの
ただひとつだけ 確かな今を
そっと抱きしめていた

雪化粧 まとえば
想いはぐれて
足跡も消してく
音無きいたずら

どうか木々たちだけは
この想いを守って
「永遠」の中にふたりとどめて
ここに 生き続けて

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっとおしえながら

桜色舞うころ
私はひとり
あなたへの想いを
かみしめたまま

 

 

 

桜色舞うころ五線譜プレビュー ( 総数5枚 )

}

桜色舞うころ両手略譜プレビュー ( 総数5枚 )

}

桜色舞うころPDFダウンロード

PDF Download
  • 超高画質ピアノ譜
  • 自由に拡大、縮小
  • 便利印刷、画質確保
  • スマホ、パソコン適用
  PDFダウンロード

* PDF閲覧ソフトで開く

桜色舞うころ-コメント

アカウント パスワード 会員登録