時には昔の話を

番号:0001862
時には昔の話を

楽譜ダウンロード 時には昔の話を

時には昔の話を楽譜概要

}

時には昔の話を」(ときにはむかしのはなしを)は、加藤登紀子が作詞、作曲を手がけた楽曲です。

 

1986年9月25日発売のオリジナルアルバム「MY STORY/時には昔の話を」にて、リリースされる。そのときの編曲は、菅野よう子です。歌詞の内容は、主人公が、かつての男の友人と昔のことを思い出すような内容となっています。

 

1992年の宮崎駿監督のアニメ「紅の豚」のエンディングテーマに採用され、日本の一般大衆の多くに認知されることとなります。

 

時には昔の話を楽譜「五線譜だけ」がすでに作られました。ご利用ください。

時には昔の話を歌詞:

時には昔の話をしようか
通いなれた なじみのあの店
マロニエの並木が窗邊に見えてた
コ一ヒ一を一杯で一日
見えない明日を むやみにさがして
誰もが希望をたくした
ゆれていた時代の熱い風に吹かれて
體中で瞬間を感じた そうだね

道端で眠ったこともあったね
どこにも行けない みんなで
お金はなくても なんとか生きてた
貧しさが明日を運んだ
小さな下宿屋にいく人もおしかけ
朝まで騷いで眠った
嵐のように每日が燃えていた
息が切れるまで走った そうだね

一枚殘った寫真をご覽よ
ひげづらの男は君だね
どこにいるのか今ではわからない
友達もいく人かいるけど
あの日のすべてが空しいものだと
それは誰にも言えない
今でも同じように見果てぬ夢を描いて
走り續けているよね どこかで

時には昔の話を五線譜プレビュー ( 総数4枚 )

}

時には昔の話を両手略譜プレビュー ( 総数3枚 )

}

時には昔の話をPDFダウンロード

PDF Download
  • 超高画質ピアノ譜
  • 自由に拡大、縮小
  • 便利印刷、画質確保
  • スマホ、パソコン適用
  PDFダウンロード

* PDF閲覧ソフトで開く

時には昔の話を-コメント

アカウント パスワード 会員登録