紅塵客棧

番号:0001487
紅塵客棧

紅塵客棧楽譜概要

}

紅塵客棧」は周傑倫の第十二番目のアルバム「十二新作」のタイトル曲です。

周傑倫(ジョウジエルン、ジェイチョウ、1979年1月18日 - )は台湾出身の作曲家、歌手、俳優です歌詞の多くは方文山によって作詞されています。歌詞の内容は、恋愛をテーマにしたも作品もあるが、おおよそ流行歌には無いものも多い(例えば「陽光宅男 」のオタク、「四面楚歌」のパパラッチ、「爸我回來了」の家庭内暴力、「双節棍」の武術、「三年二班」のスポーツ、「愛在西元前」や「上海1943」の世界史など)。 父、母、祖父母など家族をテーマにした楽曲も多いです。 「七里香」「忍者」等日本を舞台にしたPVも多く、歌詞の一部分に日本語の使われた曲もあります。

歌詞の下には、無料の紅塵客棧楽譜も提供されています。興味があれば、どうぞ、ご利用ください。

紅塵客棧歌詞の和訳:

空の果ては風砂
紅塵の物語りは懸念と呼ぶ
刀を封じ隠す 尋常の人家の東の垣根の下では見えず
静かなる雲 野の鶴 古刹
駿馬は江湖の中で殺し合う
ただ名は利を下回らずに過ぎず
心中に山河のある者が快く瀟洒でありえようか
我はただ求める 君と共白髪

剣は鞘を出た 恩と恨み 誰が笑うのか
我はだた求める この今 君を守り 懐に抱くを
紅塵の宿 風は刀に似て 驟雨は落ち 宿命が叩く

武術界に任じ 誰が風のざわめきを領するのか
ただ君がため 腰を折る
荒れた村の野の橋を過ぎて
世の外を尋ねる 古えの道
かしがましい人の間を遠く離れ
舞う柳絮を この手に取り 逍遥する

軒下 窓の格子 斜めに映る小枝
君と床に座り 向かい合って茶を飲む
我は緻密画で以って 君にしっかりと記させる
筆を掲げる 風雅のためではなく
灯りの下 紅顔を歎く 夕焼け近く
我が縁を語るは 禅をして話さぬが如し
君の涙は 紙の上の天下にこぼれ満ちた梨の花の如し
愛と恨みは山水画の写意の如し

君は愛らしい瞳で振りかえる 我が涙の中 笑みを帯び
酒が旗を招く ひょうひょうと風の中
剣は鞘を出た 恩と恨み

紅塵客棧五線譜プレビュー ( 総数3枚 )

}

紅塵客棧両手略譜プレビュー ( 総数3枚 )

}

紅塵客棧EOPファイル

Everyone Piano
  • ベストピアノ鍵盤ソフト
  • 完全無料、大量楽譜
  • 一週間以内ピアノを弾ける
  • 大人と子供に適する

紅塵客棧-コメント

アカウント パスワード 会員登録