朧月-流星P-初音ミク

番号:0002931
朧月-流星P-初音ミク

楽譜ダウンロード 朧月-流星P-初音ミク

朧月-流星P-初音ミク楽譜概要

}

朧月」は「流星P」の初音ミクオリジナル曲です。アルバム「magnet favorites plus」に収録されています。

朧月」(おぼろづき)とは、春の夜の月の事で、空気中に水分の多い状況でぼんやりとしている月の事を現す俳句の季語です。
バラード、ポップス、ジャズ等幅広いジャンルの曲を発表する実力派Pです。作風からは'00年代前半のJ-POPテイストが感じられます。

P名の由来ともなった処女作『流星』で高い評価を得た後、『SPICE!』などの人気作を順調に発表していき、7作目『Soar』で一躍有名Pの仲間入りを果たします。

歌詞の下には、無料の朧月楽譜も提供されています。興味があれば、どうぞ、ご利用ください。

朧月歌詞:

作詞:minato
作曲:minato
歌:minato(流星P) feat.初音ミク

朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ
宵の空に淡く融けて消え行く 數多の追憶

夢 微睡んで誘い迂まれ行く
時の無い部屋 ただ見つめるだけ
哀しむ事に疲れ果てて尚
屆かぬ聲を玄く唇
儚い熱を追い求めては今も亂れるこの世に
逃れる術を探すばかりの孤獨な星
永久(とこしえ)に續く路なら
何時迄も待つ理由も無く
憎まずとも朽ち果てられる筈と
今を捨て生きる

夢 醒めて行く 光明(ひかり)が目を射す
花 舞う樣に 淚はらはらと落ちた
散り行き踏まれ塵となっても
何時かまた笑き誇れば
貴方の胸を彩る櫻になれますか

染み渡る心の滴 穢れは未だ取れぬままで
他の誰を愛する事もなく 時だけが過ぎ去る

問いかけた言葉は 虛空に消え
朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ
宵の空に淡く融けて消え行く 數多の追憶
屆け 夢現に託すこの願いの花を
宵の空に浮かび寂しげに輝いた朧月

朧月-流星P-初音ミク五線譜プレビュー ( 総数4枚 )

}

朧月-流星P-初音ミク両手略譜プレビュー ( 総数4枚 )

}

朧月-流星P-初音ミクPDFダウンロード

PDF Download
  • 超高画質ピアノ譜
  • 自由に拡大、縮小
  • 便利印刷、画質確保
  • スマホ、パソコン適用
  PDFダウンロード

* PDF閲覧ソフトで開く

朧月-流星P-初音ミク-コメント

アカウント パスワード 会員登録